園の概要
蓮倫会の理念
園の特徴
園の1日
年間行事
周辺地図
施設写真
給食について
園歌
情報公開
一時保育「エンゼル」
リンク集
仲良し広場
苦情解決


保育目標
  1. 基本的生活習慣が身についた子どもを育てます。
  2. 積極的な行動性のある子どもを育てます。
  3. 積極的な社会性のある子どもを育てます。
  4. 積極的な創造性のある子どもを育てます。
  5. 明るい挨拶のできる子どもを育てます。

保育内容
0歳児(ひよこ組)
生理的欲求を満たし、生活のリズムをつかむ。
  • 発達に応じた玩具を使い、落ち着いた環境の中で過ごす。
  • 一人一人の生活リズムが整うよう配慮し、身近な保育者のもとで基本的信頼感を育てる。
  • 保育者からの話しかけや、関わりにより、声を出したり、応えようとする。
1歳児(赤組)
未知の世界に興味を持ち活発になる。
  • 家庭との連携を密にし、一人一人の子どもが健康で安全に過ごせるようにする。
  • 保育者や友だちに関心を持ち、模倣したりして、関わりを深める。
  • 自分の意志や欲求を伝えようとしたり、言葉のやりとりを楽しんだりする。
2歳児(黄組)
行動範囲が広がり探索活動が盛んになる。
  • 身のまわりを清潔にすることについて、子どもが意欲的に出来るように援助する。
  • 友だちや保育者と関わり合いながら、ごっこ遊びやルールのある遊びの決まりを守る。
  • 自分の思った事、感じた事を言葉に表わし言葉のやりとりを楽しむ。
3歳児(青組)
象徴機能や観察力を発揮する。
  • 自分の気持ちを安定して表わすことができるよう、成長過程を見守り、適切に働きかける。
  • 友だちや保育者と関わり合いながら、ごっこ遊びやルールのある遊びの決まりを知る。
  • 絵本や音楽に親しみ、イメージしたことを言葉に表わし、楽しむ。
4歳児(桃組)
感情が豊かになり、我慢ができるようになる。
  • 自己主張を受けとめ、安心感や信頼感がもてるようにする。
  • 友だちとのつながりを広げ、集団の中で、自己主張したり人の立場を考えながら行動する。
  • 言葉で表現する楽しさを知り、話をしたり、聞いたりして楽しむ。
5歳児(緑組)
集団生活の中で意欲的に活動し、新しい知識や能力を獲得する。
  • 互いに認め合い、信頼される関わりを育み、自信を持って生活できるようにする。
  • 人の立場を理解して行動し、進んで集団での活動に参加する。
  • 様々な機会や場で積極的に話をしたり聞いたりして、生活の中で適切な言葉を使う。


保育の特色
保育園活動の当面のねらい
当保育園では、地域社会の多様な保育ニーズに応えるための取り組むべきねらいの一環として、まず人間形成の特徴には次の2つの柱が必要であると考えています。
 (1)情緒の安定を図ること
 (2)自発性、主体性の発達を促すこと
言いかえれば、「思いやり」と「意欲」を幼いころにしっかりと身に付けさせることが人間として立派に成長させる原点ともいわれています。
「思いやり」は情緒の安定が基盤となって発達します。それは子どもにかかわる保護者・保育士などから受ける温かい思いやりの心遣いが伝承されます。
「意欲」は子どもに対して自由が与えられることにより、「自己を十分に発揮しながら活動することにより生ずる」といわれ、これらは園児の自由遊びにより培われます。
保育園としましては、子どもたちが自発的、意欲的にかかわることができる環境を整え、その環境に接し、乳・幼児時期にふさわしい保育園生活を通じて色々な体験が得られるよう、新保育指針を尊重し、遊びを原点としながら幅広い総合的な保育事業の充実に努めております。

特別保育の導入
女性の就労形態の変化や、就労の定着化、あるいは通勤時間の延長等に伴い保育需要が一層多様化されたことにより、従来からの定型的な保育内容では対応が困難となる新たな保育ニーズが増加しています。
そこで、保護者の多種多様化する子育ての負担感を緩和し、安心して子育てができるよう、当保育園としては特別保育事業として乳児保育、障がい児保育、延長保育、一時保育及び地域のための子育て支援等の事業を行っています。
●乳児保育
働く女性の利便に応え、産後休暇明けや育児休業明け等に伴う年度途中における乳児保育の需要に対応するなど、乳児の適切な養育を図るための制度です。
対象児童は、生後56日を経過し、原則として入所する日の、月の初日において1歳に満たない児童であること。ただし当該年度の途中で1歳になった場合においても、その年度内に限り乳児として扱われます。
●障がい児保育
障がい児と健常児がともに交流し、保育園生活を通じてお互いに協力し助け合うという共生能力を養います。
●延長保育
従来の定型的保育所の保育時間は日中8時間と定められ、保育所閉園後にいわゆる二重保育を余儀なくされるケースが続出し、それに伴う経済的・身体的・心理的負担が重圧となって女性の就労が極めて難しい状況に陥り、社会問題化されました。
これらの障がいを解消し、育児と仕事を両立できる柔軟な対応策として制度化されました。
制度の内容としては、11時間の開所時間終了後、更に概ね30分或いは1時間〜6時間までの間で地域の働く保護者の状況を踏まえ、保育所ごとに延長保育時間を設定できる制度です。
当保育園では、11時間保育を利用した児童を対象として、更に夕刻1時間を延長した保育時間を設定しています。
●一時保育事業(一時預かり)
パートタイムで仕事をしている方・専業主婦の方々が育児に伴う心理的及び肉体的負担を感じたり、また育児疲れの解消や、私的な理由により一時的に保育が必要となったり、或いは保護者の疾病、災害、事故、出産、介護、冠婚葬祭により緊急に保育が必要となった場合に一時的にお預かりすることのできる制度です。
●定期利用保育
定期利用保育は、一時保育の専用施設で行う保育で、認可保育所の入園条件(週3日以上でかつ4時間以上、児童の保育が出来ない)には該当しない保護者の方が、定期的にお子さんの保育が出来ないと言った需要に対する事業です。具体的には週1日または週2日、あるいは短時間(4時間未満)の就労・就学・通院・ボランティア等でお子さんの保育が出来ない場合に、一定程度継続的にお子さんを預かる施設です。
●地域子育て支援(子育てひろばA型)
近年、世代間の育児伝承機能や家族・地域住民の相互扶助機能が希薄となり、子育てに不安を持つ保護者が多くなっています。
そこで、地域全体で子育てを支援する基盤として保育所では、毎日生活している乳児から就学前までの子どもの保育を通じて蓄積してきた家庭養育を支援できるノウハウを地域に拓き、子育て家庭の親と子どもが求めているニーズに積極的に応えるなど、地域の子育て家庭への養育を支援するため次の事業に取り組んでいます。
 (1)育児不安等についての育児相談
 (2)家庭的保育を行う者への支援
子育て支援事業に参加された児童を希望により保育所事業等へ参加させることもでき、通常保育・特別保育の見学または参加もできます。
さらに、乳児の子育てに不安を持つ保護者には、乳児とともに乳児室で保育士と一緒に体験保育をすることによって育児の方法を修得して頂く機会も提供しています。
その他、保護者に対する研修、保護者相互の交流、情報交換を図るための場所を日々提供するなど幅広い支援に心掛けています。
 (3)特別保育事業への積極的取組、普及の促進
地域の保育需要に応じた乳児保育や特別保育事業を積極的に実施することに努めるとともに普及の促進を図っております。要望やご意見がございましたらお聞かせ下さい。
●家庭的保育施設連携事業(種まく人)
健康診断や園の行事に招待し、保育園児との交流を持つ事業です。
●赤ちゃんふらっと事業
授乳やオムツ交換などに、いつでも、どなたでも気軽に利用できる施設です。
●社会貢献ボランティア事業
保育実習生、小・中学生の職場体験、ボランティアの受け入れをしています。

保育園独自の特別保育への取り組み
●音感リズム指導・体育指導・水泳指導
音感リズム指導を通じて、音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるため、音楽活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養うことに努めています。さらに、丈夫な身体作りをするために体育指導や水泳指導を導入。また、日本の伝統文化である茶道を取り入れています。
●習字の習得
習字の指導では、行儀を正し精神を集中させる中で基本的考え方を教えます。実践的には姿勢や用具の持ち方を正しく覚えさせ、丁寧に文字を書くこと、筆順にしたがって文字を正しく書く習慣を身につけさせることにより、文字の意味を理解させながら感性を養うことができるよう指導します。
●英会話の学習
国際化時代と呼ばれる今日、外国人との交流も年々盛んになってきました。言語や文化に対する深い理解は、その文化を背景として生きる人々の理解を通じてこそ会得できるものと伝えられています。
●歌唱指導
歌唱指導を通して、正しい発声の仕方や様々な表現方法を楽しみます。
●造形指導
色々な教材を通したり、様々な技法を体験、見たり触れたりして表現する楽しさを味わい、感性を養います。

児童憲章
われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、
すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。
  児童は人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境のなかで育てられる。
  1. すべての児童は、心身ともに健やかに生まれ、育てられ、その生活を保障される。
  2. すべての児童は、家庭で正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭で恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。
  3. すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、また疾病と災害からまもられる。
  4. すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果たすように、みちびかれる。
  5. すべての児童は、自然を愛し、化学と芸術を尊ぶように、導かれ、また、道徳的心情がつちかわれる。
  6. すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整った教育の施設を用意される。
  7. すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。
  8. すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、教育をうける機会が失われず、また、児童としての生活がさまたげられないように十分に保護される。
  9. すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、わるい環境からまもられる。
  10. すべての児童は、虐待、酷使、放任その他不当な取り扱いからまもられる。
  11. すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が不十分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。
  12. すべての児童は、愛と誠によって結ばれ、よい国民として人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる。

▲このページのトップへ


Copyright© OYAMA Nursery School. All Rights Reserved.